賃貸経営のリスク回避術|高額な収入を投資マンションで得て薔薇色の人生になる

高額な収入を投資マンションで得て薔薇色の人生になる

賃貸経営のリスク回避術

メンズ

保証人なしで貸すには

最近、アパートやマンション等を経営している人たちの間で重要課題となっているのが、家賃債務保証をどのように行うかというものです。家賃債務保証とは万が一入居者が家賃等を滞納した場合のリスクに備えて、第三者に支払い保証を行わせることをいいます。以前は入居者の親など経済状況の安定した親族を連帯保証人に立てるのが一般的であったため、家賃債務保証は特別重要な問題というわけでもありませんでした。しかし最近は賃貸利用者の高齢化等に伴い、連帯保証人にふさわしい人物を見つけるのが困難になってきているのです。少子化によって賃貸暮らしをする若者が減っていることもあり、保証人のいない人の入居をすべて断っていては空き室が埋まりません。かといって、保証なしで部屋を貸すのはリスクが高過ぎます。そこで、最近は賃貸保証会社を利用して家賃債務保証を実現するケースが増加しています。

債権を確実に担保する制度

賃貸保証会社とは、入居者から手数料を徴して家賃債務保証を行う、専門の事業者です。言ってみれば、連帯保証人代行業者とでもいうべき存在です。賃貸保証会社は、不動産管理会社や信販会社などが事業を手がけているケースもあります。いずれにしろ、家賃等の滞納が発生した場合には、家主からの請求に応じて債務の代位弁済を行います。注意が必要なのは、どんな入居者に対しても利用できるわけではないということです。利用希望者には独自の基準に基づいて審査を行い、それにパスした場合に家主と入居者のそれぞれと契約を締結することによって、初めて債務が保証されます。ともあれ、家主にとっては債権の保全を確実にしつつ入居率を維持するのに、とても便利なシステムであると言えます。